検索
  • GOATco.

里山の話

最終更新: 3日前

 某NPO団体理事長と打ち合わせ。

 現在、アウトドアブームの日本ですが全国の山々、特に里山は荒れ放題。

 一昔前の里山は人々の生活と密着した大事な存在であり生活を支えていました。

 燃料として使われていた樹木や枯葉は必要がなくなり放置されている状態。そして、樹木は巨木化され山は萌芽更新がされることなく老いて行く。また、地主も世代が変わり自分の山すら知らない。

 結局、管理する者がいなくなり行政主体で管理するしかない。

 勝手に私が友達と思っている理事長さん達はそんな里山を管理している。ほとんどの会員さんは定年を迎えた方々で様々な仕事をなされていた。ほとんどの方が山には関わっておらず入会後に初めてチェンソーを持ったそうです。

 今回、伐採木の処分について打合せをしました。年間何十本もの樹木を伐採するがその処分に困っている。開発の影響で人が住み、その住民の身勝手(落葉や花びらが家に入る、台風が来たら怖い等々)から伐採せざるを得ない樹木も多い。自分が好きで山の近くに居を構えたのに山に取っては迷惑な話である。

 現在、伐採しても使い道のない木は寝かせて腐るのを待つだけとなっている。国産のスギ、ヒノキは安価な輸入物に押され需要がない。また、NPO団体の運営も逼迫しているそうで非営利だが運営費がないことには続けることができないそうです。

 これらの問題を解決するために理事長と打合せを重ね伐採木の有効活用を見出し何か面白いことができればと思っています。

 とりあえず焚き火材しか思いつかなかった.......


https://www.the-goatco.com





 
4-49-3 Kamiarai Tokorozawa SAITAMA,JP 3591142

埼玉県公安委員会公認古物商許可(第431090050929号)

  • Instagram